2015. 04. 02  
ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)の瞑想法をすると、
例えば歯磨きをしているだけでも楽しく満たされます。

ディクシャというイニシエーションを受け、
ヨグマタジと、アストラルの世界で
しっかりと橋をいただいているので、
いつでも、マスターを思えば、
その高次元のエネルギーが流れてくるからです。

何かをして楽しい、というより、
高次元のエネルギーと共に在る時、満ち足りるからです。

そうなると、どこかに遊びにいきたーい!
という強い衝動は、もうほとんどなくなってしまいました。

むしろ、日常が、上質になり、
そのこと自体が遊んでいるようなものと言うか、
清々しく、充実しているんです。

なんと省エネ人生になってきたことか!
とわが身を振り返ってそう思います。

ヨグマタジは、自分の心身をいかに省エネで
節約して生きるのか?
ということをやっていかなくちゃならない、
というようなお話をしてくださっていました。

本来は、この心身は決して暴飲暴食したり、
どうでもいいことをして暇をつぶし、
エネルギーを浪費さえてしまってはいけないのだそうです。

神様からの借り物であり、私たちは死ぬ時に、
この心身をお返ししなければならないからです。

そして、死んだ後もまた、
この宇宙の中で次の営みの一端を
担っている存在なのだそうです。

だから、たとえ幾つになっても、もう自分は先がないから、
と、好きなものを食べて死にたい、などと言うことも、
命を生かす生き方とは違うのだろうなあ
と思うようになり考えを改めていきました。

こういうことを知ってから、
限りある自身の心身の使い道を真剣に
考えるようになってきたように思います。                                                  

それに、自分の深いところでは、
こうした自分の心身魂を大切にして生きると、
以前のような、自分を傷つける生き方をしているときと比べて、
負担が少ないので、まず自分が心地よく
いられることを感じられるものです。  


NEXT Entry
グル(暗闇から光へ導く人)をもつことの大切さ
NEW Topics
ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)の新刊『ヒマラヤ大聖者の幸運を呼ぶ生き方』が発売になりました
世界のヨガマザー講演会 高知 10/1
ヨグマタ相川圭子ブックフェア記念講演会のご案内
ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)インドにて”DS MAX YOGA SHREE AWARD”受賞
池袋コミュニティカレッジにて、ヨグマタ相川圭子特別講座が開催されます 6/4(日)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ヨグマタ相川圭子最新情報
メディア掲載
メディア掲載
プロフィール

悟chan

Author:悟chan
相川圭子師は、ヨグマタと称されています。

この「ヨグマタ」とは、ヨガの母と言う意味の尊称になります。
また、インドでは偉大なる聖者様により尊敬して名前の最後に「ジ」とつけてお呼びします。

そこで、私たちもブログの中で愛と尊敬を込めて、「ヨグマタジ」と呼ばせていただいております。

最新コメント
最新トラックバック
かうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR