2015. 04. 23  
こんにちは、スカイです。

私たちが日々関わっている、
周囲の人たちとの関係性において、
心を中庸に保つということは、結局自分自身のためでもあり、
心のストレスになるのを防ぎ、やすらぎにつなががるのだなあと思います。

ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)の瞑想法を続けていくと、
自然とそんなこともできるようになってくるように思います。

自分が納得でき、相手に愛の気持ちをもって
受け止めていく、そういう心模様になっているのか?

ということを立ち止まって冷静に見つめるということが
可能になるからです。

瞑想法をすると心のキメが細かくなるということなので、
そうした細かなことについてキャッチしやすくなるのでしょうね。

そのようにして、起こした行動であれば、
自分や周囲の人たちを順にやすらがせていくことが
できるものになっていくのだと思います。

そうではなく、ただ単に自分の不満をぶちまけるだけでは、
また同じような不足の事態を招く行動を起こした
ということであり、実際のところ、徒労になってしまうように思います。

こうした行動は結局自分に跳ね返ってくるもと思うので、
これからも瞑想法を続け、しっかりと自分の内なる世界を
見つめていくことができるとよいなあと思います。


NEXT Entry
マントラを唱えるときの予備知識
NEW Topics
ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)の新刊『 ヒマラヤ大聖者 慈愛の力 奇跡の力 ―ヒマラヤ秘教・ヒンドゥー教・仏教 出会いと生き方』(さくら舎)発売
ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)新刊『夢をかなえる小さな習慣』2018年2月5日(月)刊行記念講演会開催
ヨグマタジ(相川圭子師)のラジオ番組のお知らせ
ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)ヒマラヤシッダー瞑想 秘法伝授ツアーのご案内 2017年秋
ヨグマタジ(ヨグマタ相川圭子師)の新刊『ヒマラヤ大聖者の幸運を呼ぶ生き方』が発売になりました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ヨグマタ相川圭子最新情報
メディア掲載
メディア掲載
プロフィール

悟chan

Author:悟chan
相川圭子師は、ヨグマタと称されています。

この「ヨグマタ」とは、ヨガの母と言う意味の尊称になります。
また、インドでは偉大なる聖者様により尊敬して名前の最後に「ジ」とつけてお呼びします。

そこで、私たちもブログの中で愛と尊敬を込めて、「ヨグマタジ」と呼ばせていただいております。

最新コメント
最新トラックバック
かうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR